趙純華は所属フリーで戦っているプロゴルファー

趙純華選手は、2004年に76期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとなりました。
1978年に東京都で生まれ東京朝鮮中高級学校を卒業しています。
19歳からゴルフをはじめて、26歳でプロになったことから短いゴルフ歴の中でもしっかりと結果を出してプロテストに合格できたことになります。
当初は注目選手として、多くの人から支持されてきました。

所属はフリーで、契約している企業はウェアがラウドマウスになります。
2014年現在もトーナメントに精力的に出場をしており、今後の活躍が期待されています。

主な戦歴としては、2013年の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯、森永製菓ウイダーレディスで共に予選落ち、STEPUPのカストロールレディースでは90位タイ、2012年の日医工女子オープン、ゴルフ5レディスで共に予選落ち、2011年では日医工女子オープン、ゴルフ5レディスで予選落ち、STEPUPのデオデオカップでは105位という成績になっています。

QTランキングは2014年現在で257位であり、シード権を獲得するには至っていません。

2004年からプロの道に入ったのですが、当年は思った以上の成績を残すことができませんでした。
トーナメントに出場することもできませんでしたので、プロの厚い層にことごとく打ち砕かれてきました。

それではどうすることもできないと痛感し、肉体改造を含めて、スイングの変化を身につけていきました。

ですが、それ以降も賞金を獲得することはできず、苦しいシーズンを迎えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ