ハマっ子である関美樹恵の艶やかなゴルフ半生

神奈川県横浜市出身の女子プロゴルファーといえば、数多くの有名選手が知られていますが、その中でも容姿端麗なゴルファーとしてお馴染みなのが、関美樹恵選手でしょう。
関美樹恵選手は、聖園女学院高等学校という、県内有数のお嬢様学校を卒業しています。
趣味は料理といった、おしとやかで家庭的な一面を持つプロ選手でもあるのですが、学生時代はバスケットボールにも打ち込み、活発な体育会系のお嬢様だったのです。

高校を卒業後、18歳からゴルフを始め、プロへの道を目指し始めます。
関選手が師と仰いでいるのは、「ジェット尾崎」の愛称で有名な尾崎健夫さんです。

尾崎さんといえば、「ジェット機のように飛んで行く」と称され、愛称にもなったドライバーショットが有名です。
関選手もこの技術を継承し、ドライバーを得意クラブとして練習を重ねていました。

関選手が日本女子プロゴルフ協会に加入したのは、1994年のことです。
この時、彼女は25歳。

早速その年のステップアップツアートーナメントである、東鳩ハーベストカップに出場します。
得意クラブであるドライバーのショットを活かし、32位という好成績を収めて初の賞金を獲得しました。

その後結婚し、2人の子どもを授かり、プロゴルフ界の一線からは退くことになりました。
現在はフリーとして活動していますが、まだ表舞台から引退した訳ではありません。

今後もレギュラーツアーへの出場を目指し、活動を続けています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ