名古屋から活躍する女子プロゴルファー鈴木佳恵

東名古屋カントリークラブに所属する鈴木佳恵選手といえば、豪快なスイングが持ち味の女子ゴルファーです。
プロゴルフの拠点を中部地方に置いて活躍しており、これまで4回のホールインワンを達成したこともある飛ばし屋としても有名な選手です。
鈴木佳恵選手の出身地は愛知県豊田市です。

ゴルフを始めたのは17歳の時でした。
岐阜県にある日本女子ゴルフ専門学校の門を叩き、プロの道へと進むことになります。

男子プロゴルファーの髙木覚氏の弟子として成長を続け、いくつかの大会に参加してきましたが、なかなか成績を残せず、プロとしては苦難の道を歩むことになったのです。

最初に鈴木選手が躍進したのは2002年。
彼女が31歳の時で、ゴルフを初めてから14年後のことでした。

この年のフジサンケイレディスクラシックにて、最終20位という好成績を残します。
その年のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントでも24位、富士通レディースでも25位に入り、年度の獲得賞金が初めて200万円を突破しました。

しかし、翌年以降の大会では目立った成績を残すことができず、低迷の時期が長く続きます。
2007年と2008年では賞金が獲得できませんでした。

成績の波が激しい年が続きましたが、2009年、再び躍進する年が訪れます。
3つの大会で30位内に入り、この年の獲得賞金は590万円を越えました。

その年の賞金順位でも76位という好成績を残しています。
アラフォーの年齢を越えても、未だ現役で活躍している注目の選手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ