鈴木舞子選手はレモンガス・アクアクララガールズカップで2位

宮城県黒川郡出身の鈴木舞子選手は、12歳という比較的早い時期にゴルフを始め、2007年には既にトーナメントに参加するなどの活躍を始めていましたが、日本女子プロゴルフ協会に加盟したのは2008年8月1日でした。
172cmと大柄な体型ですが、得意なクラブはパターと繊細なゴルフも得意です。

プロとして活動し始めたばかりの2007年に、早速の大活躍を見せました。

6月29日から3日間に渡って群馬県の小幡郷ゴルフ倶楽部で開催されたベルーナレディースカップゴルフトーナメントでは、71、69、70というスコアで3日間を終え、首位の福嶋晃子選手と4打差の8位に入賞しています。

他にも新人ながらNEC軽井沢72ゴルフ、富士通レディースの2大会でそれぞれ予選を突破しており、初年度としては立派な成績を収めました。

2008年も賞金ランキング対象トーナメント6試合に出場して3試合で予選を突破した他、STEPUPトーナメント9試合に出場しました。

特に、7月に長崎県長崎市のパサージュ琴海アイランドゴルフクラブで行われた、レモンガス・アクアクララガールズカップでは首位と1打差の2位と健闘しています。

翌年にも静岡県の東名カントリークラブで開かれた、スタンレーレディスゴルフトーナメントで8位に入賞しましたが、その後は調子を崩し、2012年まで何試合か大会には参加しましたが結果を残すことはできませんでした。

鈴木舞子選手の生涯獲得賞金は6,158,000円で、2009年の賞金ランキング102位が自己最高記録でした。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ