小久保由美は、1996年に賞金総額でも躍進を見せた選手

小久保由美は、日本の女子プロゴルファーで、所属はフリーとなっています。
出身地は埼玉県で、身長は166センチメートル、血液型はO型で1971年に生まれました。
埼玉県の埼玉栄高等学校を卒業していて、スポーツはバレーボールを経験しています。
家族構成は夫と娘がいて、趣味はドライブで愛車はステップワゴンです。

日本女子プロゴルフ協会に入ったのは1991年のことで、比較的遅いデビューとなっていますが、これは指導のためではなくツアーに参戦するためです。
ゴルフは11歳の頃から嗜んでいたので、かなり年季の入ったプロ入りとなっています。

生涯成績としては、デビューしてからしばらくは賞金を獲得することが出来ずに苦しみました。

1996年にその実力がブレイクしてついに賞金を獲得しますが、5,543,200円と金額的にもかなりのもので、ランキングでも76位と、それまでの獲得賞金ゼロとはうってかわって躍進しました。

さらにその翌年も成績を伸ばして、賞金ランキングでは59位というところまで進みます。
トーナメントごとの成績でも、ミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメントで2位という結果を残していて、これが最高位となっています。

続いて東ハトレディスゴルフトーナメントの3位タイなど、トップ争いに顔を出す事もあります。

また成績対象外の試合では、優勝も経験しています。
1999年と2000年は成績を落として賞金を獲得できませんでしたが、2001年に再び獲得しています。

一度ツアーへの出場機会を失ってしまっても、また這い上がってくるバイタリティも持ち合わせています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ