ミニスカゴルファーとして知られている実力派、木戸愛

木戸愛は、日本の女子プロゴルファーです。
プロレスラーの木戸治を父を持つことでも知られています。
神奈川県出身で、長女として生まれました。
ゴルフを始めたのは10歳の頃からで、それは父親のアドバイスによるものでした。

高校は本人は地元への進学を希望していたのですが、ゴルフをしていくのならば強い高校に入った方が良いとアドバイスを受け、宮城県の東北高等学校へ進学し、そこで練習をしてきました。

高等学校のときからその才能を見せていて、全国高等学校ゴルフ選手権女子の部優勝という快挙を成し遂げています。
そして2008年にプロテストを受けて合格し、プロになることになりました。

日本女子プロゴルフ協会に入って最初の公式の試合は、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントでしたが、ここでも好成績を出して20位タイという結果になっています。

2012年には、サマンサタバサ ガールズコレクションレディーストーナメントで優勝を飾ることになって、これはプロ5年目にして念願の優勝になっています。

ゼンリン、ポルシェがスポンサーとなっていて、注目度の高さが窺えます。
そしてそのゴルフのときのファッションも話題となっていて、ミニスカゴルファーなどと呼ばれたりもします。

スタイルがよく美脚であることからもファンが多くいて、注目が高くなっています。

美人女子プロゴルファーとして有名で、とくにしゃがんだ姿が美しいと、メディアやゴルフファンの間で話題になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ