喜多麻子はたった一年しか活躍しなかったが、子供が注目を集めている

喜多麻子は、所属フリーの日本の女子プロゴルファーです。
東京都出身で1966年生まれです。
身長は168センチメートルで血液型はB型、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは1990年のことで、やや遅れてのデビューということになっています。

生涯成績としては1991年にツアーでの戦績が記録として残されていますが、そのときは1,493,208円を獲得していて、賞金ランキングは119位とまずまずの結果を出していますが、この年以外はツアーに参戦をしていないということで、経った一年しか活躍をしなかったといえます。

実力的にはもっと上も狙えたかもしれない選手でしたが、選手としての活動をここでやめてしまいました。

トーナメントごとの成績においては、日本女子プロゴルフ選手権大会では23位タイ、富士通レディースでは24位タイと、それほど良い結果を残しているわけではないのですが、デビューした当時でしたからこれから延びる可能性もありました。

そして現在は結婚をして子供もいるのですが、夫や息子や娘がすべてゴルファーであり、しかも優勝を納めているということで、ゴルフ一家として注目を集めています。

夫はプロゴルファーの川岸良兼です。さらに、娘の川岸史果は全国高等学校ゴルフ選手権で優勝もして、大会史上初の父母子で日本一となる快挙を成し遂げています。

喜多麻子自身は引退をしてしまっていますが、今度はその娘に注目が集まっています。
また、姉の紘子も注目をされているゴルファーで、これからの活躍が期待されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ