戦績を残すことなく、わずか3年で消えてしまった選手川本麻美

川本麻美は日本の女子プロゴルファーですが、非常に男前ということで女性からの人気が高くなっています。
所属はなく、どこかのクラブでレッスンをしているということはありません。
京都府出身で身長は172センチメートル、血液型はB型です。
京都学園高等学校を卒業していて、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2007年のことになります。

現役の選手と比べると、比較的遅いデビューとなっています。
ゴルフ自体も今の選手たちと比べると始めるのが遅く、16歳のときからやっていました。

また、女子プロゴルファーには多いのですが、彼女もソフトボールをやっていました。

生涯戦績としてはLPGAのオールタイムレコードでは一切結果がなく、2008年から2010年までトーナメントに参戦していた時期においては獲得賞金ゼロになっています。

そのために、トーナメントごとの成績も一切表示がされていません。
2012年度はステップアップツアーにも参戦しているのですが、そこでも結果を残すことは出来ず、本戦への復帰ということにはなっていません。

現在のところはシード権もなく、QTランキングにも記載がないために選手としての活動はしていませんが、いずれまた戻ってくるかもしれません。
また、レッスンの資格を取って教える側にまわるということも考えられます。

彼女はリーマンプロゴルファーとしてブログを開設しているので、更新があればそこで近況を知ることもできます。

また、個人的にコンタクトやファンメールを送るならば、LPGAの公式ホームページからアクセス可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ