川口寿子は優勝経験をもつ、レッスンも行っている女子プロゴルファー

川口寿子は日本の女子プロゴルファー選手で、ファイブハンドレッドクラブに所属をしています。
東京都の出身で1958年生まれ、身長152センチメートルで血液型はO型です。
東京の昭和女子大付属高校を卒業していて、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは1982年のことで、やや遅れたデビューとなっています。

スポーツは他に、バスケットボールをやっています。
また趣味はスキーということで、アクティブな面をもっています。

生涯成績はすばらしく、デビューしてから1994年まで常に賞金を獲得していっています。
とくに1984年には6,570,416円もの賞金を獲得しています。

そのときの賞金ランキングは36位ということで、これが生涯を通しての最高の戦績になっています。
その後も60位前後の成績を取ることが多く、中堅のプロとしては手堅い成績を残しています。

トーナメントの成績としては、いすゞレディースカップトーナメントで優勝を遂げています。
他には1985年の三菱電機ファンタスレディスゴルフで3位タイの成績、この大会は相性が良かったのか、1988年にも6位タイの成績を残しています。

また対象外となってしまいますが、TDKプロアマゴルフという大会でも2度の優勝をしています。
これが対象外でなければLPGAの公式では3回の優勝となっていましたが、未公認ということでやや残念なことになっています。

現在は、所属しているファイブハンドレッドクラブでレッスンを行っています。

優勝経験を持つプロに直に教えてもらえるというのは、貴重な経験になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ