キンクミという愛称で有名な金田久美子は、実力も確か

金田久美子は日本の女子プロゴルファーで、愛知県出身です。
スタンレー電気に所属をしていて、クラーク記念国際高等学校を卒業しています。
また、愛称がつけられていて、キンクミと呼ばれて親しまれています
ゴルフを始めたのは3才の頃で、とても早い英才教育を受けていて、他の選手とは一線を画していました。

さらにその幼い頃から始めたアドバンテージを活かして、8歳ですでに世界ジュニア選手権を制覇するという偉業を達成しています。
また、それから立て続けに日本ジュニアや中部女子アマチュアでも優勝をするという、アマチュア時代にも最高の成績を残しています。

さらにプロの世界でもその快進撃は続いて、2002年にリゾートトラストレディスの最年少予選通過記録を作っています。
ただし、そのまますんなりプロになれたというわけではなく、一回目のプロテストでは落ちてしまうというまさかの結果でした。

テストには落ちてしまいましたが、アマチュアとして参加したトーナメントで好成績を残してツアーに出場するという本番への強さを見せています。

2011年には、フジサンケイレディスクラシックで初の優勝をするなどその快進撃は止まらず、これから日本の女子プロゴルファーを代表する選手になっていくことは間違いありません。

世界ランキングも44位が最高になっていて、世界に通用する選手の一人として注目されています。

また国内では19位が最高位です。
きらびやかなその外見も特徴的で、話題を呼んでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ