水商売から転身した小山内優代は、いまのところ成績を残せていない

小山内優代は、日本の女子プロゴルファーです。
1979年生まれで東京都出身の彼女は、18歳の頃からゴルフを始めています。
日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2006年のことで、かなり遅くのデビューとなります。

師匠はゴルフ界ではメジャーな選手尾崎将司該手、その方に師事をしているということで注目も集めていますが、現在ではツアーへの出場は難しくなっているのが現状です。

デビューしてからの戦績はあまりよくなく、賞金を獲得することが出来ずに苦しんでいます。
生涯に獲得した賞金総額はまったくなしということで、注目を集めてはいますが成果がまったく残せていないというところがあります。

予選落ちの試合も多いことから、テレビ中継などで彼女の姿を見ることはまずないでしょう。
またレッスンも行っていないので、教えてもらうことも難しいです。

プロになる前は、居酒屋や水商売で働いていたということで、それはもう辞めてプロになって稼ぐという意気込みをもっていたのですが、現時点ではそれはかなり難しくなっています。

本人は、あらゆる場面で活躍できるオールマイティーな選手というのが夢でした。
プロテストに関しては4度目の挑戦でようやく合格したということで、成績を残せていないということに焦りを感じています。

まったく成績が出せていませんが、このまま終わってしまうということをファンは望んでいないので、予選落ちはしない程度の成績をまずは望まれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ