大石優子は遅咲ききでツアープロを断念したティーチングプロ

大石優子は日本の女子ゴルファーで、1975年10月26日、兵庫県神戸市で生まれました。
スポーツは水泳とバレーボールをたしなんでいて、趣味でピラティスもしています。
また、温泉に行ったり、料理が趣味であるという一面ももっています。
兵庫県の大手前女子短期大学を卒業後、日本女子プロゴルフ協会に入会してプロとなったのは2012年のことで、比較的若いプロゴルファーです。

しかし実際にLPGAのツアーなどに参戦するということはなく、レッスンのプロとして活躍をしています。
ティーチングプロフェッショナル資格A級を保有していて、確かな指導が期待できます。

彼女がゴルフを始めたのは成人してからのことで、今の若い選手と比べたら遅い始まりです。
当人も、自分がティーチングプロになるということは思っていなかったそうですが、ゴルフに魅せられてこの道に入ってきました。

彼女は成績もよく、ツアーに出ることも考えていたようですが、やはり年齢的なものがあって遅いと判断し、レッスンの道を選ぶようになりました。

レッスン形態としてはジュニアから一般まで幅広く、さらにはスクールから個人、ラウンドレッスンまでこなしていますので、そのルックスも手伝って、人気のティーチングプロとなっています。

また、レッスン形態に関してはスクールによって差があるので、自分が教えてほしいカタチのあるところで、レッスンを受けてください。

主に埼玉や東京を中心にレッスン活動をしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ