池内絵梨藻はツインズゴルファーの姉で19年ぶりの事

池内絵梨藻は、所属フリーの日本女子プロゴルフ協会に入会している女子プロゴルフ選手です。
1986年生まれで、日本女子プロゴルフ協会に入会したのは2010年からとなる比較的若い選手です。
12歳からゴルフを始めて、得意クラブはパターとなっています。
生涯成績としては2013年に、312,000円の賞金を獲得しており、全体の順位としては148位とふるわなかったのですが、これからが期待されています。

また、戦歴として一番記録に残っているものとしては、スタジオアリス女子オープンの42位タイが今のところ最高位です。
まだまだ若い選手ですから、これからの活躍が期待されています。

そして池内絵梨藻は一卵性の双子で真梨藻という妹がいますが、彼女もプロゴルファーになっているということで、一卵性双子がプロテストを揃って合格したことは19年ぶりとして、デビューしたときは注目を集めていました。

過去には91年に本山恵子、裕子がプロとしてデビューをしています。

そして、池内絵梨藻・真梨藻はそのルックスからも話題を呼んでいて、美形な双子ということで、マスコミからも注目を集めており、今後成績を順調に伸ばしていくことがあったら、間違いなく、女子プロゴルフの中でも大きな話題を呼ぶ存在になることは間違いありません。

同期には横峯さくらがいますが、どこまで追いつくことができるかということも注目を集めます。

今はヴィジュアル面で話題を呼んでいますが、いずれツアーに出るようになれば更なる話題となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ