秋山真凛選手は元プロ野球選手、秋山幸二氏の娘

秋山真凛選手の父は元プロ野球選手であり、2009年より福岡ソフトバンクホークスの監督に就任した秋山幸二氏です。
そんな父を持つ秋山選手は、福岡県出身の女子ゴルファーです。
ゴルフを始めるきっかけにもなった父がゴルフ好きであることから、一緒にいる時間を作るため秋山選手もゴルフを始めています。
2006年の佐賀県ジュニアゴルフトーナメントで優勝し、さらにあと2年も九州小学生ゴルフ選手権大会で優勝と、小学生の時から大会で活躍しています。

小学校卒業後は、私立沖学園中学校・高等学校の中高一貫コースに進学しました。
2009年には女子のプロトーナメント、ライフカード・レディースの予選会に参加していますが、本戦出場には至っていません。

アマチュアのトーナメントに多く参加していますが、優勝はありません。
そして2010年には女子プロトーナメント、フンドーキンレディースに主催者推薦で出場しました。

若干13歳でのレギュラーツアーデビュー、そしてプロ野球界の有名人の娘ということで注目を浴びます。
結果は伴わなかったものの、13歳の時点で240ヤードという飛距離を見せ、実力の片鱗を見せました。

2011年のフンドーキンレディースにも出場しましたが、予選落ちに終わっています。
プロ転向の意志などは不明です。

そのため、今後の動向に注目が集まっている女子選手となっています。

プロ転向を目指す、アマチュアで活動を行う、どちらの選択を行っても多くの視線を集めるのは間違いありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ