額賀辰徳選手はレギュラーツアーとチャレンジツアーの両方に参戦している

額賀辰徳選手は1984年生まれ、茨城県出身のプロゴルファーです。
元々はサッカー少年でしたが、14歳の時よりゴルフを始め、後に中央学院大学に進学しました。
2003年の朝日杯全日本学生選手権で優勝、2004年の関東アマチュア選手権で優勝、日本オープンゴルフ選手権で最も成績の良いアマチュアであるローアマを獲得、文部科学大臣杯全日本学生王座で優勝する等、大学時代に活躍します。

2005年にも関東アマチュア選手権を制する等、アマチュア時代に多くのタイトルを手にしました。
大学を卒業後の2006年にプロテストに合格、トーナメントプロとして歩み始めます。

同年のつるやオープンでツアーデビューを果たしました。
しかし2006年は予選落ちがほとんどであり、チャレンジツアーで辛うじて賞金を獲得する程度でシーズンが終了してしまいます。

2007年にはレギュラーツアーで初の予選通過を果たしますが、上位に食い込むことはありませんでした。
2008年にはチャレンジツアーの「PRGR CUP」で初勝利を飾ります。

2009年にはその勢いが持続し、レギュラーツアーの多くの大会に参戦し、最高5位を記録しました。
しかし、2010年は調子が出ないまま終わっています。

2011年はチャレンジツアーの「Novil Cup」と「JGTO Novil FINAL」で優勝を飾りました。
2012年には多くのレギュラーツアーに参戦するものの、2013年はあまり活躍できておらず、浮き沈みが激しい選手です。

ドライバーの飛距離はプロの中でもトップクラスの実力を誇ります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ