パインヒルズゴルフクラブは2007年にチェリーゴルフクラブ猪名川コースとなった

1996年、兵庫県川辺郡猪名川町に開場したゴルフ場がパインヒルズゴルフクラブです。
厳密には1973年に開場しており、阪神カントリークラブの名前を使って営業を行っていました。
しかし1990年には一時閉鎖しており、改造工事後の1994年にパインヒルズゴルフクラブと名前を変えて仮オープンしています。

1996年には本オープンしていますが、2005年に経営会社が民事再生法の適用を申請しており、チェリーゴルフグループをスポンサーとする再建案が纏められました。

2007年の1月にはチェリーゴルフクラブ猪名川コースと名前を変えており、新体制に移行しています。
原則として会員の紹介が必要ですが、ビジターのみでの予約を受け付けているので、会員権を持っていなくでも訪れやすいゴルフ場です。

チェリーゴルフクラブ猪名川コースの18ホールは、バックティーからの距離が6879ヤードと距離も十分にあります。
フェアウェイの幅は十分にあるものの、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグを多く取り入れており、ボールの落とし所が重要です。

距離が長いミドルホールが多く、450ヤードを超えている2番、8番、18番ミドルホールは難度が高めとなっています。

インコースは池や小川が多く配置されており、半数以上のホールで水がプレーに絡んでくるのが特徴です。

池は大きなものが多いのでプレッシャーがかかりやすく、平常心を保てない場合は水にボールを落とすことも珍しくありません。
バンカーはフェアウェイから登場し、数も多めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ