ハウステンボス カントリークラブはハウステンボス関連の会社が運営していた

「ハウステンボス カントリークラブ」は長崎県西海市で1991年より営業を行っているゴルフ場です。
ハウステンボスとゴルフ場の名前にある通り、長崎県佐世保市にあるテーマパーク、ハウステンボスの関連会社が運営を行っていました。
しかし、2003年にハウステンボス株式会社は会社更生法の適用を申請しており、同年にはゴルフ場の経営会社も連鎖するように民事再生法の適用も申請しています。

野村プリンシパル・ファイナンス株式会社の支援により再建されており、2007年にはアコーディア・ゴルフが取得しました。
東には大村湾が広がっており、北には佐世保湾を望むことの出来る、景観の良いゴルフ場です。

「ハウステンボス カントリークラブ」の18ホールはジャック・ニクラス氏が設計を担当しており、グリーンから最も遠いブラックティーからの距離は6753ヤードと距離も十分にあります。

打ち下ろしの形は多くあるものの、打ち上げは少なく、グリーンの位置を把握するのが難しいブラインドホールが排されているのが特徴です。

ティーグラウンドの時点でグリーンの位置が分かるので、戦略を組み立ててから打ち出すことが出来ます。
ティーショットで障害物に打ち込むことは少ないものの、丘陵コースでは定番の谷越えスタートが複数あり、注意が必要です。

池の数は少ないものの、全てグリーンの近くに配置されているので、寄せていく際に水に打ち込むことも珍しくありません。

バンカーの数は際立って多いわけではありませんが、バンカーが密集している箇所もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ