2010年に僅かに名前が変わったハッピーバレーゴルフクラブ

ハッピーバレーゴルフクラブは北海道石狩郡当別町で1991年より営業を行っているゴルフ場です。
2009年には経営会社が特別清算を申請しており、2010年には株式会社今井建設をスポンサーとすることが内定しました。
2010年の3月に特別清算協定案が可決され、同年の6月にはハッピーバレーゴルフクラブ札幌と僅かに名前が変わっています。

利用料金は安めに設定されており、土日祝でもセルフプレーなら1万円前後で利用することが可能です。
宿泊施設としてホテルを備えているので、前日に泊まってからラウンドすることも出来ます。

ハッピーバレーゴルフクラブ札幌は9ホール構成の3コースを所有しており、ロナルド・フリーム氏が設計を担当しました。
3コースはいずれもバックティーからの距離が3360ヤード前後であり、最も長い場合の距離は6719ヤードとやや長めです。

いずれのコースもフェアウェイは広く、開放感があるので、見通しが悪くなることは殆どありません。

ティーグラウンドからグリーンの位置を確認出来ないホールは少数なので、戦略は立てやすいものの、伊達山コースでは大きく角度を変えるホールもあります。

各ホール共に前半は障害物が少なく、ティーショットでいきなり障害物に捕まることはあまりありません。
しかし、グリーン周りには多数のガードバンカーが配置されており、グリーンに近付く程に難度が高くなります。

池は青山コースの終盤で幾つか登場するものの、全体的に数は少なめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ