東シナ海に面しており、海の景観が名物であるベルビーチゴルフクラブ

沖縄県国頭郡本部町で1991年より営業を行っているゴルフ場が、ベルビーチゴルフクラブです。
ラウンドスタイルはキャディ付きかセルフプレーの選択制ですが、平日かつセルフプレーならリーズナブルな価格で利用することができます。
宿泊施設として「ゴルフ&マリンリゾート ベルビュー」が用意されているので、泊まるところで迷うことは殆どありません。

東シナ海に面しており、西には瀬底島を、北西には伊江島を望むことも可能な、沖縄の海の絶景を楽しむことができるゴルフ場です。

ビジターの場合、平日は会員の紹介が、土日祝は会員の同伴を求められるものの、ゴルフ場予約サイトを通せばビジターのみで予約を取ることができます。

ベルビーチゴルフクラブの18ホールは相山武夫氏が設計を、ジャン・スチーブンソン氏が監修を担当しました。
バックティーからの距離は6551ヤードと長くはありませんが、高低差は少なく、打ちやすいコースです。

各ホールは、左右のどちらかに曲げるとOBを記録してしまうので、方向性が重要となっています。
海からの風が吹くこともあり、ボールが狙ったところから流されていくことも珍しくありません。

グリーンは大きく作られており、ピンにどれだけ近づけられるかが重要なので、アイアンを使う際は正確なショットが求められます。

バンカーはフェアウェイから多く配置されており、グリーン周りにも非常に多いので、バンカーをどれだけ避けられるかがスコアメイクの鍵です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ