みとゴルフ倶楽部は三河湾を一望することが出来る

1996年、愛知県宝飯郡御津町に開場したゴルフ場が、みとゴルフ倶楽部です。
愛知県の南東部、三河湾の北に位置しており、豊橋市や豊川市、静岡県の西部からアクセスしやすくなっています。
北には雄大な山々が広がっており、南に三河湾を一望することも可能な眺望の良いゴルフ場です。

全日、会員の紹介か同伴が利用条件として定められているものの、ゴルフ場予約サイトを通せば会員権と関わりがなくても予約が取れます。
イギリスの美しさを意識してゴルフ場が作られており、煉瓦色の豪華なクラブハウスが敷地内の見所です。

利用料金は平日かつセルフプレーであっても1万円を超えますが、サービスデーならリーズナブルな価格で回ることが出来ます。
みとゴルフ倶楽部の18ホールは杉本英世氏が監修を担当しており、バックティーからの距離は6648ヤードと平均的な数字です。

山に作られているコースですがフラットに作られており、高低差を感じることは殆どありません。
フェアウェイも広めですが、自然の地形を活かして設計されているので、アンジュレーションと呼ばれる傾斜が多く残されています。

その為、ボールが曲がりやすく、高いコントロール技術が求められるのでフェアウェイをキープしていても油断はできません。
バンカーはフェアウェイから登場するものの、ティーショットでいきなり捕まることは少なめです。

バンカーの数は際立って多いわけではありませんが、大きいので捕まった場合は脱出に苦労することもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ