ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部では女子プロトーナメントが開催された

岐阜県中津川市で1991年より営業を行っているゴルフ場が、ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部です。
中央自動車道の中津川インターチェンジからおよそ3kmと近いので、自動車を利用する場合にはアクセスが容易でしょう。
JR中央本線の美乃坂本駅から自動車でおよそ6分、中津川駅から自動車でおよそ12分なので、電車とタクシーを使って向かうことも可能です。

1999年から2005年にかけて女子プロトーナメント、アピタ・サークルK・サンクスレディスが開催されており、コースは高く評価されています。

ビジターの場合は利用料金がやや高めに設定されているものの、平日かつセルフプレーなら比較的安く、ハーフラウンドならば格安の値段で利用可能です。

ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部の18ホールは小笹昭三氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6729ヤードと距離も十分にあります。

自然の地形を尊重したコース作りが行われていますが、フェアウェイはフラットに仕上がっており、傾斜も少なめです。
しかしフェアウェイはあまり広くはなく、蛇行していることも多いので、キープする為には高いコントロール技術が求められます。

グリーンには傾斜が色濃く残っているので、パッティングは距離が短い場合でも油断できません。
クリークと呼ばれる小川がコース内に多くあり、フェアウェイを遮る形で配置されているので、川越えの形が多めです。

バンカーはグリーン周りに集中しており、アプローチショットはつまずきやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ