ライオンズゴルフ倶楽部は27ホールを持ち、池が非常に多い

ライオンズゴルフ倶楽部は、三重県亀山市で1987年より営業を行っているゴルフ場です。
鈴鹿山脈の雄大な山々を望むことが可能であり、東には伊勢湾もあるので、景観面での見所が多いゴルフ場となっています。
利用料金は季節によって前後するものの、平日かつセルフプレーで回る場合は1万円以内で収まることもあるのでコストパフォーマンスは悪くはありません。

混雑の状況にもよりますが、割増料金を払えば2サムも可能なので、2人しか集まらなかったという場合でも利用できる可能性があります。

東名阪自動車道の鈴鹿インターチェンジからおよそ10km、JR関西本線の亀山駅から自動車でおよそ15分の距離にあり、三重県内や愛知県からのアクセスが容易です。

ライオンズゴルフ倶楽部は9ホール構成の3コースを備えており、エルザコースはバックティーからの距離が3277ヤードと短く、逆にシンバコースはバックティーからの距離が3575ヤードと長めとなっています。

最も長い組み合わせの場合、距離が7011ヤードなので、好スコアを期待するなら飛距離は欠かせません。

全体的にフェアウェイは広く作られているものの、アメリカンスタイルを意識して作られているので池とバンカーが多く、障害物がスコアが崩れる原因となっています。

特にレオコースは8ホールで池が絡んでくるので、池越えスタートも多く、水に落として打数がかさむことも珍しくありません。

グリーン周りにはバンカーも多いので、寄せていく際には障害物に注意してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ