新幹線の郡山駅から送迎バスが出ているローレルバレイカントリークラブ

1976年、福島県須賀川市に開場したゴルフ場がローレルバレイカントリークラブです。
伊藤忠グループが開場させたゴルフ場であり、立体駐車場整備株式会社を母体として経営が行われていました。
2006年に経営会社が民事再生法の適用を申請しており、同年にはPGグループをスポンサーとする再建案がまとめられ、以降はPGM傘下で営業を行っています。

セルフプレーに限定して営業を行っているのでキャディ付きで回ることはできませんが、利用料金は抑えられておりコストパフォーマンスは抜群です。
JR東北新幹線の郡山駅が最寄り駅なので、県外からのアクセスも容易であり、郡山駅からは送迎バスも出ています。

ローレルバレイカントリークラブは9ホール構成の3コースを所有しており、金子安三氏が設計を担当しました。
しかし、西コースはクローズとなっており、18ホール体制に変わっています。

18ホールのバックティーからの距離は6955ヤードと長く、真っすぐレイアウトされているオーソドックスな設計が特徴です。

フェアウェイの幅も広く、各ホールの前半に障害物は少ないのでティーショットから攻めていくこともできます。

ボールの飛距離に自信を持たれている方には打ってつけですが、フェアウェイは傾斜が残されているのでボールが曲がりやすく、2打目以降の難度は高めです。

バンカーは殆どがグリーンの周囲に配置されており、アプローチショットでは砂に打ち込まないよう注意してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ