名門ゴルフ場であり、料理の評価も高い磯子カンツリークラブ

神奈川県横浜市で1959年より営業を行っているゴルフ場が、磯子カンツリークラブです。
神奈川県内で10番目に作られている名門ゴルフ場であり、平日は会員の紹介が、土日祝は会員の同伴がないと利用することは出来ないので、利用する為のハードルは非常に高めとなっています。

このゴルフ場は横浜市の南部、住宅街の近くに作られており、藤沢市や鎌倉市からアクセスしやすく、川崎市や東京都心方面からのアクセスも容易です。

そして海に比較的近いので、東京湾を一望することが可能な景観の良さが利点であり、抜群のロケーションを誇ります。

磯子カンツリークラブで提供されているシュウマイは名高く、新横浜駅ビルにあるゴルフ場直営のショップでは、そのシュウマイを始めとして弁当、ぴんそばなどが提供されており、料理の面でも評価を受けているゴルフ場です。

磯子カンツリークラブの18ホールは舘黎児氏が設計を担当しており、後に三好徳行氏、大久保昌氏が改造を担当しました。

バックティーからの距離は6640ヤードとやや長く、真っ直ぐ作られているホールが多いものの、大きく角度を変えるホールが少数ながらあり、全体が引き締められています。

ここは見通しが悪くなることもなく、グリーンの位置を把握するのは容易なので、戦略やコースを考えてから打ち出すことが可能です。
しかしティーショットが落ちそうな地点からバンカーが登場し、グリーンの周囲にはガードバンカーも多くあります。

さらに池は計2個と少ないものの、共にグリーン手前にあるので池越えとなる可能性が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ