一の宮カントリー倶楽部は36ホールを持ち、利用料金が安い

1972年、千葉県長生郡一宮町に開場したゴルフ場が一の宮カントリー倶楽部です。
九十九里浜の南に位置しており、海沿いに作られているので太平洋を望んでプレーすることが出来ます。
2コース、計36ホールを持っているのが大きな特徴であり、セルフプレーに限定して営業を行っているので、利用料金は格安です。

この2コースは澤井徳三郎氏が監修を担当しており、東コースはバックティー且つ高麗グリーンを使用した場合の距離は6715ヤードと、距離も十分にあります。

ここでは乗用カートを使って回るので移動で苦労することは少なく、アウトコースは序盤で角度が変わることはありません。
インコースは谷越えスタートがあり、ホールの途中で角度が変わることもあるテクニカルな構成です。

そしてフェアウェイは全体的に広いものの、ティーショットでいきなりバンカーに捕まる可能性があります。
西コースは、バックティー且つ高麗グリーンを使用した場合の距離が6750ヤードとこちらも長めです。

リモコンカートが使用出来ますが、終始歩いて回ることとなるので、体力に自信がある方や利用料金を安くしたい方に向いています。
ここのフェアウェイは広く、ティーグラウンドからの見通しも良好ですが、池とバンカーが共に多めです。

さらに、ティーグラウンドとグリーン以外が水で覆われている6番ショートホールを始めとして大きな池が配置されており、水に落とし打数が嵩むことも珍しくありません。

バンカーの数も多く、グリーンの近くは砂に捕まりやすい危険な地帯です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ