塩屋崎カントリークラブは太平洋の近くに位置している

1974年、福島県いわき市に開場したゴルフ場が塩屋崎カントリークラブです。
太平洋の海岸線の近くに位置しているシーサイドコースであり、東に太平洋の雄大な海を望むことが出来ます。
夏場は涼しく、逆に冬場は暖かいので、東北地方にあるゴルフ場としては珍しく冬季でも営業を続けているのが特徴です。

さらに利用料金は安めに設定されており、セルフプレーの時にリーズナブルな価格で利用出来るのは勿論のこと、平日ならばキャディ付きであっても1万円前後で利用することが出来ます。

しかし、ここは福島県内でも早めに作られた名門ゴルフ場なので、会員の紹介か同伴がないとビジターの方は利用することが出来ず、ゴルフ場予約サイトを通して申し込むことも出来ません。

塩屋崎カントリークラブは9ホール構成の3コースを所有しており、浅見緑蔵氏が設計を担当しました。
最も短い桜コースでもバックティーからの距離は3329ヤードであり、残る2コースは3400ヤードを超えているので距離も十分にあります。

そしてフェアウェイは広く、高低差も少ないので、打ち上げや打ち下ろしに悩まされることは殆どありません。
ティーショットではドライバーを使った豪快なスイングを楽しめますが、各コースには谷越えスタートがあり、方向性や正確性も重要です。

定番の障害物であるバンカーは、グリーン周りにもさほど多くは配置されていませんが、グリーンへのアプローチショットが池越えの形となることもあるので、池には注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ