岡山パブリックゴルフコースは2008年に花回廊ゴルフコースとなった

岡山パブリックゴルフコースは、岡山県岡山市で1968年より営業を行っているゴルフ場です。
岡山県内で9番目に作られており、長い歴史と伝統を持っているものの、2008年に花回廊ゴルフコースと名前を変えています。
しかし花回廊ゴルフコースは公式ホームページを持っていない為、名称変更の詳しい経緯については不明となっています。

旧名称にパブリックとあるように、会員権の存在していないパブリック制を採用して運営されており、名称が変わってからも、その点は変わっていません。

早咲きで知られている河津桜が敷地内に多く植えられており、春先の桜は見所となっています。
ここは山陽自動車道の岡山インターチェンジ、JR山陽新幹線の岡山駅から近く、交通の便は良好です。

花回廊ゴルフコースの18ホールは、バックティーからの距離が6035ヤードとさほど長くはありません。
そしてパーに関しては、以前は66という数字に設定されていましたが、全面的に改修されてからは72に設定されています。

構造上ボールを曲げるとOBを記録する可能性が高いので、好スコアを狙う場合は真っ直ぐ飛ばすことが重要です。
また、高低差や起伏はあまりありませんが午後から風が強く吹くことが多く、ボールが風で流されてしまうことも珍しくありません。

バンカーは要所に配置されているものの数自体は少なく、池と小川が最も警戒が必要な障害物です。

池はグリーンの手前に多く配置されているので、ホール後半で池越えの形になることが良くあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ