27ホールを持ち、神戸や大阪からアクセスしやすい関西クラシックゴルフ倶楽部

1976年、兵庫県三木市に開場したゴルフ場が関西クラシックゴルフ倶楽部です。
メンバーシップ制を採用しており、厳密な利用条件は不明ですが、ゴルフ場予約サイトを通せばビジターのみで予約を取ることが出来ます。
ラウンドスタイルはキャディ付きとセルフプレーの選択制であり、利用料金はやや高めに設定されていますが、平日且つセルフプレーならリーズナブルな価格で利用が可能です。

平日ならばツーサムでも利用出来る可能性が高いので、4人集まらなかった場合でも回れる可能性があります。

中国自動車道の吉川インターチェンジからおよそ6kmと近く、神戸市付近からアクセスしやすいだけでなく、大阪方面からのアクセスも容易です。

関西クラシックゴルフ倶楽部は9ホール構成の3コースを所有しており、佐藤健氏が設計を担当しました。

見通しが良く、ティーグラウンドからグリーンの位置が確認出来るホールが多数を占めているので、ゴール地点が分かりやすく、打ち出しの方向で困ることは殆どありません。

フェアウェイはいずれのコースでも広く作られており、高低差も少ないので打ちやすい構成です。
全体的に日本庭園を意識して作られているので、目で楽しむことも可能です。

しかし、池が多く配置されており、特に清水コースは池が多いので、ボールを曲げてしまうと水に打ち込んでしまうことも珍しくありません。

バンカーの数は平均的ですが、大洞コースの後半のホールではバンカーが多く、注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ