オーバーシードを取り入れており芝の状態が良い岩国センチュリーゴルフクラブ

山口県岩国市で1975年より営業を行っているゴルフ場が岩国センチュリーゴルフクラブです。
海の近くの高台に位置しており、東に安芸灘や多くの瀬戸内海の島々、南に屋代島を望むことが出来る抜群のロケーションを誇ります。
東、北方向は山々を望めますが、敷地内のあらゆる箇所から見渡すことが出来る瀬戸内海の海が景観面での名物です。

オーバーシードを取り入れているので、冬場でもグリーンやフェアウェイが緑色に保たれており、コンディションは良好となっています。
基本的にはセルフプレーでラウンドを行いますが、キャディフィーを支払えばキャディを付けることも可能です。

ビジターのみでも利用することが出来るものの、メンバーの同伴があれば更に利用料金は抑えられます。
岩国センチュリーゴルフクラブの18ホールは林昭好氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6825ヤードと長めです。

全体的に真っ直ぐレイアウトされているので見通しが良く、打ち出しの方向で困ることは殆どありません。
フェアウェイの幅も広く打ちやすいコースに仕上がっていますが、ティーショットで何らかの障害物と対峙することが多くあります。

丘陵コースでは定番の谷越えに加えて池越え、一部に密集しているバンカーなどがあるのでフェアウェイのキープは簡単ではありません。

グリーンの近くにはバンカー、池が配置されていることが多く、アプローチショットの難度も高めです。

グリーンはコンディションは良いものの、攻略するのは容易ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ