久山カントリークラブは福岡県内で10番目に作られた

福岡県糟屋郡久山町で1964年より営業を行っているゴルフ場が久山カントリークラブです。
福岡県内で10番目に作られたゴルフ場であり、過去には女子プロトーナメントの日本女子プロゴルフ選手権大会が開催されたこともあります。
長い歴史と伝統を持つ名門ゴルフ場であり、基本的には会員の紹介がないと利用することは出来ません。

しかしゴルフ場予約サイトを経由した場合は、ビジターのみでも利用することが可能となっています。

交通の便は良好であり、九州自動車道の福岡インターチェンジ、JR篠栗線の篠栗駅、そして福岡空港から近く、他府県からのアクセスにも対応したゴルフ場です。

福岡市内の中心部から25分程度と都会の近くにあるものの、敷地の内外には自然が多く残されており、目を楽しませてくれます。

久山カントリークラブの18ホールは藤井武人氏、藤井義将氏、中村寅吉氏が設計に携わっており、バックティーからの距離は6212ヤードと短めです。

アウトコース、インコース共にロングホールが一つしかないので、トータルパーは70に設定されています。
アウトコースは角度が変わることがあるものの、高低差は少なく、ティーショットから積極的に攻めていくことも可能です。

一方でインコースはフェアウェイに傾斜が残されているので、真っ直ぐレイアウトされていますが難度は高めとなっています。

バンカーは平均的な数が配置されていますが、最も注意する必要があるのは4つのショートホールのうち3つに見られる大きな池です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ