恵那峡カントリークラブは27ホールを持ち、恵那峡が近くにある

岐阜県恵那市で1967年より営業を行っているゴルフ場が、恵那峡カントリークラブです。
遠くに中央アルプスの山々を、近くに恵那峡を望むことが可能であり、景観面の見所が多くあります。
岐阜県内で9番目に作られたゴルフ場である恵那峡カントリークラブは、9ホール構成の3コースを所有しているのが特徴です。

松山桂司氏、E.R.ジェンセン氏が設計を担当しており、全体的にフェアウェイは広く作られています。
松コースと呼ばれている9ホールは高低差が少なく、概ね真っ直ぐ作られているので、ゴール地点を視認してから戦略を練ることが可能です。

中でも、距離が長くフェアウェイからバンカーが登場する1番ロング、コース内で唯一大きく角度が変わる8番ミドルホールは打数が嵩むことも珍しくありません。

竹コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長く、フェアウェイに傾斜もないのでティーショットから攻めていくことが出来ます。

飛距離に自信を持っているプレーヤーに打ってつけですが、大きく左に曲がる3番ミドル、緩やかに右に曲がっていく5番ミドルホールは難度が高く、注意が必要です。

そして梅コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短く、大きく角度が変わることはありません。
バンカーがフェアウェイから多く登場するのが特徴であり、ティーショットでいきなり砂に捕まることもあります。

バンカーに加えて池がフェアウェイの近くにある1番ミドル、バンカーの数が多い6番ミドル、8番ミドルホールは特に躓きやすいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ