呉カントリークラブは瀬戸内海を一望することが出来る

広島県呉市で1971年より営業を行っているゴルフ場が、呉カントリークラブです。
瀬戸内海のすぐ近くに位置しており、敷地内の多くの箇所から海を一望することが可能となっています。
雪が原因でクローズとなることがあまりなく、冬場でも暖かい環境でプレーすることが可能です。

呉カントリークラブの18ホールは村島良雄氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6465ヤードとあまり長くはありません。

丘陵地帯に展開されており、起伏はそのまま残っているのでボールに回転がかかりやすく、コントロールが難しくなっています。
フェアウェイはさほど広くはなく、途中で角度を変えるドッグレッグも多い変化に富んだ構成が特徴です。

全体の距離が短いこともあり、ボールを遠くに飛ばすよりコントロールを重視した方がスコアは安定するでしょう。

中間地点から左に曲がっていく3番ミドル、谷越えの4番ショート、17番ショート、最も長く前半で角度が大きく変わる10番ロングホールは丘陵地帯の自然を活かしており、且つ難度が高めです。

障害物を多く配置して難度を上げているコースではなく、池やバンカーといった人工的な障害物はあまり配置されていません。
バンカーは殆どがグリーン周りに配置されており、フェアウェイで見かけることはあまりなく、砂に捕まってスコアが大きく崩れることは少なめです。

池はコース内に幾つか配置されているものの小さめであり、プレーに絡んでくることはあまりありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ