18ホールは距離が十分にあり、高低差が少なめである交野カントリー倶楽部

交野カントリー倶楽部は大阪府交野市で1973年より営業を行っているゴルフ場です。
大阪市、京都市、奈良市から近く、自動車でアクセスしやすいのは勿論のこと、電車での移動も容易となっています。
交野カントリー倶楽部の18ホールは鈴木正一氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6763ヤードと長めです。

丘陵地帯に展開されていますが高低差は少なく、打ち上げや打ち下ろしが原因で距離感が狂うことは殆どありません。
フェアウェイはさほど広くはなく、ホールの途中で角度を変えるドッグレッグが多いこともあり、コントロール技術とプレーヤーの戦略性が求められます。

角度を変えることが多いものの、ティーグラウンドからグリーンを確認することが出来ないブラインドホールは殆どなく、ゴール地点を視認してから打ち出すことが可能です。

緩やかに左に曲がっていく1番ミドル、谷越えスタートの後で右に曲がっていく6番ミドル、最も距離が長くやや右に曲がる14番ロングホールは打数が嵩むことも珍しくありません。

バンカーの数は多く、グリーン周りだけでなくフェアウェイにも多く配置されており、12番ミドル、17番ミドル、18番ロングホールはバンカーに特に注意する必要があります。

ガードバンカーの数は多いもののグリーンは大きく作られているので、ボールを乗せるだけならさほど難しくはありません。

池は8番ミドルホールに配置されている1個だけであり、落とす可能性は少なめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ