全12ホールで営業を行っている高崎市民ゴルフ場

群馬県高崎市で1997年より営業を行っているゴルフ場が高崎市民ゴルフ場です。
利根川の支流である烏川の河川敷に作られており、会員権を持ったメンバーがいないパブリック制を採用しています。
東、西コースは6ホールで構成されており、計12ホール体制で営業を行っている変わったゴルフ場であり、3度回ることで18ホールのプレーが可能です。

乗用カートを使ったセルフプレーのみで営業していますが、利用料金は抑えられておりコストパフォーマンスに優れています。

河川敷コースの例に漏れず高低差の少ないフラットさが特徴であり、高低差のせいで距離感が狂うことはありません。
概ね真っ直ぐ作られているものの、途中で角度を変えるドッグレッグがあり、変化に富んでいます。

フェアウェイは広く作られているものの、途切れている箇所もあり、ティーショットでボールをどこに落とすかが重要です。

距離はあまり長くないので、ドライバーショットで攻めていくよりもコントロールを重視した方がスコアは安定するでしょう。
バンカーはグリーン周りにもあまり配置されておらず、砂に捕まって大きくスコアを崩すことはあまりありません。

しかし、池は非常に多く配置されており、面積も大きいのでボールを落とす可能性が高く、最も注意する必要があります。

西コース2番ミドルのフェアウェイ右手、東コース2番ミドルのグリーン手前、4番ショートホールのグリーン手前は大きめの池があり、難度は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ