長崎自動車道のインターチェンジから近い佐賀クラシックゴルフ倶楽部

佐賀クラシックゴルフ倶楽部は佐賀県多久市で1996年より営業を行っているゴルフ場です。
長崎自動車道の多久インターチェンジ、武雄北方インターチェンジから近く、自動車を利用する場合は容易にアクセスすることができます。
佐賀クラシックゴルフ倶楽部の18ホールは中村享治氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6873ヤードと長めです。

林間地帯に展開されており、各ホールは木々により仕切られているので他の組の影響を受けることはあまりありません。

フェアウェイは全体的に広く設定されているものの、木々がフェアウェイの近くにあるので、ボールが林の方に行った場合は脱出が困難となっています。

アウトコースは概ね真っ直ぐ作られているものの、インコースは途中で角度が変わることがあり、変化に富んだ構成です。

距離が長く緩やかに左に曲がっていく9番ミドル、最も距離が長いだけでなくフェアウェイがやや曲がりくねっている12番ロング、フェアウェイが途中で途切れている14番ミドルホールは難所となっています。

アウトコースに池は全く配置されていないものの、大きめのバンカーが多く、6番ミドル、8番ミドルホールは砂に捕まりやすく、スコアを崩すことも珍しくありません。

インコースではバンカーに加えて池も見られ、池越えスタートの10番ミドル、グリーン近くにバンカーが多い15番ミドル、池とバンカーがグリーン周りに配置されている18番ミドルホールは障害物の影響で打数がかさみやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ