大和ハウスグループが所有している佐賀ロイヤルゴルフクラブ

1989年、佐賀県唐津市に開場したゴルフ場が佐賀ロイヤルゴルフクラブです。
大和ハウスグループに属しているダイワロイヤルゴルフが所有しているコースであり、佐賀県内から容易にアクセスできるのはもちろんのこと、長崎や福岡といった近隣の県からもアクセスしやすい位置にあります。

佐賀ロイヤルゴルフクラブの18ホールは三浦一美氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6920ヤードと長めです。
丘陵地帯に展開されていますが、高低差は少なくほとんどのホールがフラットに仕上がっています。

自然が多く残っており、木々により各ホールは仕切られているのでOBを記録することは少なく、林間コースの趣きを持っているのが特徴です。

フェアウェイは広く作られていますが、途中で角度を変えるドッグレッグもあり、全体を引き締める役割を果たしています。
1番ロング、4番ミドルホールはドッグレッグを採用しており、木々がせり出しているのでティーグラウンドからグリーンを確認しづらく、難度は高めです。

距離が長いのである程度は力を入れる必要もあり、コントロールとの兼ね合いで苦しむことが多くなっています。
バンカーはフェアウェイではあまり見られず、密集しているわけでもないので砂に捕まってスコアを崩すことはあまりありません。

池は12番ショートのグリーン手前、15番ミドルホールのティーグラウンド前の2個だけであり、少なめです。

グリーンは大きいので、乗せるだけならばさほど難しくはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ