山形ゴルフ倶楽部は周囲に山が多く、景観面で優れている

1993年、山形県東村山郡山辺町に開場したゴルフ場が、山形ゴルフ倶楽部です。
蔵王連峰、朝日連峰を始めとした雄大な山々を四方に望むことが可能であり、景観面で優れています。
山形ゴルフ倶楽部の18ホールはグリーンから最も遠い、チャンピオンティーからの距離は6880ヤードと長めです。

丘陵地帯に展開されていますがアウトコースはフラットに仕上がっており、インコースは高低差で苦しむ可能性があります。
ホールの途中で角度を変えるドッグレッグはありますが、曲がり方はさほどでもなく見通しも良いのでショットの方向で困ることはほとんどありません。

フェアウェイは広く作られていますが、ラフの割合も多めなので、飛距離に加えて高いコントロール技術が必要です。

フェアウェイにはアンジュレーションと呼ばれている傾斜が残っており、ボールが曲がりやすいので、安定した状態から打てるティーショットの機会をどう利用するかがスコアメイクの上で重要となっています。

バンカーの数は全体的に少なく、打ち込む可能性は少なめですが、深さのあるポットバンカーを採用しているので捕まると打数が大きくかさむことも珍しくありません。

池を多く配置するアメリカンスタイルを踏襲しているので池は多く、グリーン手前に池が配置されている3番ミドル、17番ショート、左手一帯が水に覆われており曲げると危険な11番ショート、ドッグレッグを採用しており角度が変わり始める地点に池を配置している15番ロングホールは要注意です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ