距離を抑えており、初心者に優しい山口レインボーヒルズ関門菊川ゴルフクラブ

1979年、山口県下関市に開場したゴルフ場が、山口レインボーヒルズ関門菊川ゴルフクラブです。
元々は「山口ゴルフ&カントリー倶楽部 関門菊川ゴルフ場」の名前を使っていましたが、2003年に経営会社が会社更生法を申し立てられる事態となり、2004年にはユニマットグループをスポンサーとする再建案が可決されました。
後に山口レインボーヒルズ関門菊川ゴルフクラブと名前を変えており、初心者の方や女性の方でも楽しめる構成が特徴です。

山口レインボーヒルズ関門菊川ゴルフクラブの18ホールは田中肇氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6511ヤードとやや短めとなっています。

あまりゴルフに慣れていない方でも快適にプレー出来るよう距離を抑えており、コースに出られるレベルのプレーヤーなら楽しむことが可能です。

アウトコースは概ね真っ直ぐ作られていますが、インコースはホールの途中で角度を変えるドッグレッグは多いのでボールの落とし所が難しくなっています。

谷越えで始まり緩やかに右に曲がっていく6番ロング、大きく左に曲がる14番ミドルホールは難所です。
バンカーの数は平均的ですが、ほとんどがグリーン周りに配置されておりティーショットで砂に捕まることはあまりありません。

池はアウトコースには配置されていませんが、インコースでは多く見られ、グリーンへのアプローチショットが池越えとなる11番ロング、池越えスタートの後に右に曲がっていく15番ミドルホールは難度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ