帯広市や大雪山系を望むことが出来る十勝カントリークラブ

1964年、北海道河東郡音更町に開場したゴルフ場が十勝カントリークラブです。
帯広市の市街地を一望することが可能であり、遠くには大雪山系を望めるので景観面でも優れています。
十勝カントリークラブの18ホールは佐藤敏夫氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6663ヤードと平均以上の数字です。

丘陵地帯に展開されているものの高低差は少なく仕上がっていますが、傾斜は残っているのでボールは曲がりやすくなっています。
フェアウェイの幅は十分であり、各ホールは豊富に残されている木々により仕切られているので他の組の影響を受けることはあまりありません。

木々がフェアウェイのすぐ近くに来てはいないので広々としており、ボールが木々の方に飛んで行くことは少なめです。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグは多く、5番ロング、10番ミドル、18番ロングホールは曲がり方が急なので、ティーショットの落とし所が難しくなっています。

距離が長い6番ミドル、曲がり方は緩やかなものの600ヤード近く距離がある13番ロングホールもスコアを崩しやすいポイントです。

障害物を多く配置して難易度を上げているタイプのコースではないので、バンカーや池に打ち込むことはあまりありません。
池はインコースに2個配置されているものの、面積は小さく、ボールが飛んで行くことは少なめです。

バンカーの方は平均的な数が配置されており、特にアウトコースのグリーン周りに多いのでアプローチショットの際は注意する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ