十和田国際カントリークラブは長い歴史があり、コースはフラット

十和田国際カントリークラブは、青森県上北郡六戸町で1964年より営業を行っているゴルフ場です。
青森県内で2番目に作られており、過去には女子プロトーナメントが開催されたこともある由緒あるコースとなっています。
十和田国際カントリークラブの18ホールは中村寅吉氏が設計と監修を、石井朝夫氏が監修を担当しており、バックティーからの距離は6813ヤードと長めです。

林間コースと丘陵コースの特徴を併せ持っており、フラットに仕上がっていますが、木々の数は際立って多いわけではありません。

フェアウェイが広く、途中で角度を変えるドッグレッグも少ないので、初心者の方でも安心してプレーすることが出来ます。
木々がフェアウェイのすぐ近くに来ているわけでもないので、林の方にボールが飛ぶことも少なめです。

ティーグラウンドからグリーンの位置を確認してから打ち出すことが出来るので、上級者はどのようなルートを辿ってグリーンまで運ぶか計算してプレーすることが出来ます。

距離が長い5番ミドルホールを始めとして全体的に長いので、飛距離に自信があるという方にも向いているコースです。
オーソドックスな構成なので、障害物を如何にして避けるかがスコアメイクの上で重要となっています。

バンカーは大きめのものがフェアウェイから多数配置されており、4番ミドル、13番ミドルホールは砂に捕まることも珍しくありません。

池の個数はさほどでもありませんが、8番ショート、15番ショートホールは池越えで始まります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ