新潟市内や日本海を見渡せる新津カントリークラブ

新津カントリークラブは、1965年より新潟県新潟市で営業を行っているゴルフ場です。
秋葉山公園に位置しており、新潟市内から近いにも関わらず、敷地内には自然が多く残っており目を楽しませてくれます。
景観面では越後平野を見渡すことが可能であり、新潟市内の中心部は勿論のこと、日本海や佐渡ヶ島を見下ろしてプレーすることが可能です。

新潟県内で5番目に作られた、新津カントリークラブの18ホールは富澤誠造氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6709ヤードと平均以上となっています。

丘陵地帯に作られているので、高低差と傾斜は残っていますが、プレーに大きく影響を与える程ではありません。
木々が多く、殆どのホールは仕切られていますが、OBラインが残っている箇所はあるのでまずOBに注意する必要があります。

途中で角度を変えるドッグレッグは特に難しく、4番ロングと10番ミドルホールは躓きやすいポイントです。
しかし全体的には真っ直ぐ作られているホールが多く、オーソドックスな構成のゴルフ場となっています。

また、障害物の数は少なく、バンカーはグリーン周りには多く配置されているものの、フェアウェイで登場することはあまりなく、アプローチショットの時以外に砂に打ち込むことは少なめです。

池はコース内に二個だけと数は非常に少ないのですが、8番ミドルではティーショットが落ちそうなフェアウェイに配置されており、4番ロングホールはではグリーンの手前に池があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ