聖丘カントリー倶楽部は1959年開場の名門ゴルフ場

聖丘カントリー倶楽部は、大阪府富田林市で1959年より営業を行っているゴルフ場です。
大阪府内で6番目に作られており、過去にはプロトーナメントも開催されている名門ゴルフ場となっています。
ビジターがプレー出来ないわけではありませんが、メンバーを優先しているという性質上、忙しい時期はビジターの予約が断られることもあるので、利用のハードルはやや高めです。

9ホール構成の3コースを所有しており、丘陵地帯に展開されているコースは全て御木道正氏が設計を担当しました。
東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長く、フェアウェイも広めに作られているので飛ばしたい方に向いている作りとなっています。

途中で角度を変えるドッグレッグが複数あり、バンカーの数も多くフェアウェイから登場するので、ティーショットの方向等、プレーヤーの戦略性も問われる構成です。

西コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いものの、ドッグレッグは採用されておらず、真っ直ぐ作られています。

フェアウェイがあまり広くなく池越えスタートが多いので、ティーショットの際にプレッシャーがかかりやすい構成です。

中コースと呼ばれている9ホールは比較的真っ直ぐ作られており、一部を除いてフェアウェイも広めですが、多くの方が苦手としている打ち上げがあるので難度は低くはありません。

池越えスタートの2番ミドル、4番ロング、8番ショートホールは躓きやすいポイントですが、バンカーは少なめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ