青森ロイヤルゴルフクラブはスキー場で有名な阿闍羅山に位置している

青森県南津軽郡大鰐町で1988年より営業を行っているゴルフ場が、青森ロイヤルゴルフクラブです。
スキー場があることで有名な阿闍羅山の山頂に展開しているゴルフ場であり、高所からの景観は抜群となっています。
丘陵地帯に展開されている18ホールの設計は小林光昭氏が担当しており、バックティーからの距離は6930ヤードと長めなので、飛距離が重要です。

フェアウェイは広く作られているものの、ラフの割合も多いので、2打目以降は正確性を重視した方がスコアは安定します。
また、木々は多く植えられていますが、各ホールは完全に仕切られていないのでOBを記録する可能性が高めです。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグはあまり採用されておらず、大きく角度を変えるドッグレッグは4番ホールだけとなっています。

また、ティーグラウンドからグリーンを確認することが出来ないブラインドホールは少なめなので、ティーショットの方向で困ることは殆どありません。

豊富にある打ち上げ、打ち下ろしにどう対処するかによって、スコアは大きく変わってきます。
バンカー、池ともに個数は少なく、バンカーはグリーン周りに殆ど配置されていないホールもあるほどです。

池も個数は少なめですが面積が大きく、どの池もフェアウェイやグリーンから近いので打ち込む可能性が高めとなっています。

池越えスタートの3番ショート、6番ショート、17番ショート、フェアウェイの右手に巨大な池が配置されている5番ミドルホールは要注意ポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ