石川ゴルフ倶楽部は広大な土地、自然と27ホールを所有している

石川ゴルフ倶楽部は、石川県河北郡津幡町で1979年より営業を行っているゴルフ場です。
広大な敷地内にある豊富な自然が見所であり、木々はコース内でOBを防ぐ役割を持っています。
夏場限定ではありますが、乗用カートでフェアウェイまで乗り入れることが可能であり、暑い季節でも楽にプレーすることが出来る作りです。

9ホール構成の3コースを所有しており、計3通りの組み合わせから選ぶことが出来る石川ゴルフ倶楽部は、浅見緑蔵氏が設計を担当しました。

東コースと呼ばれている9ホールは距離が長めであり、フェアウェイも広いのでティーショットから攻めていくことが可能となっています。

池は全く無く、バンカーの数も多くはないので、ゴルフの本来の姿であるいかにボールをカップに運ぶかというゲームを楽しむことが可能です。

西コースと呼ばれている9ホールはこのゴルフ場の中で最も短いものの、谷越えスタート、途中で角度が変わるドッグレッグが配置されており、多彩なテクニックが必要となっています。

こちらも池は全くありませんが、2番ミドル、3番ショートホールはバンカーの数は多めです。

南コースと呼ばれている9ホールは最も長く、且つドッグレッグを多めに採用しているので、飛距離に加えコントロール技術、そして戦略性が重要となっています。

ドッグレッグを採用しており、グリーン周りにバンカーの多い1番ミドル、2番ミドル、6番ミドルホールはプレーヤーの想像力も重要であり、難度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ