海沿いにあり、日本海の景観が見所である石地シーサイドカントリークラブ

新潟県柏崎市で1993年より営業を行っているゴルフ場が、石地シーサイドカントリークラブです。
シーサイドとゴルフ場の名前にある通り、日本海の海沿いに作られているコースであり、日本海の景観が見所となっています。
また、雪が多い新潟県内にありながら、年間を通して営業を行っているのも利点であり、雪が積もっていない状態ならばプレーすることが可能です。

丘陵地帯に位置しており、高低差が大きく残っている18ホールは佐藤謙太郎氏が設計を担当しました。

距離はバックティーから打った場合で6543ヤードとそれほど長くはなく、フェアウェイが狭めなので飛距離よりもコントロールを重視した方がスコアは安定しやすいでしょう。

ラフの割合も多く、フェアウェイが真っ直ぐ作られていないこともあり、飛距離を重視した場合はミスショットになる可能性が高めです。
また打ち下ろし、打ち上げに加えて池やバンカーといった障害物も豊富なので、ショートゲームを得意としている方に向いているコースとなっています。

バンカーの数は平均的ですが、10番ミドルホールはグリーンの手前に計六個のバンカーが配置されており、フェアウェイから外れた場合のリスクが高めです。

また、池も個数はそれほどありませんが、どれも大きく、プレーに影響を与えやすい構成となっています。

池越えスタートであり池の面積が大きい15番ショート、フェアウェイに沿うように池が配置されている9番ミドル、14番ミドルホールは特に難度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ