パブリック制を採用しており、計27ホールがある千葉セントラルゴルフクラブ

千葉セントラルゴルフクラブは、千葉県市原市で1978年より営業を行っているゴルフ場です。
館山自動車道から近く、交通の便は良好となっています。
会員権の無いパブリック制を採用していますが、9ホール構成の3コースを敷地内に所有しており、ボリュームも十分です。
三浦一美氏が設計を担当しました。

林間地帯に位置しており、高低差は殆どありません。
そして木々が多めなので、OBが出にくくなっています。

Aコースと呼ばれている9ホールはフェアウェイが広く、全体的に真っ直ぐ作られているのが特徴です。
また、障害物の数は平均的となっています。

しかし池、バンカー共に面積が大きめです。
フェアウェイからバンカーが登場するので打ち込まないように注意が必要となります。

Bコースと呼ばれている9ホールは、距離が最も長いのが特徴です。
フェアウェイも広いので、飛距離に自信があるプレーヤーに向いています。

こちらに障害物はあまり配置されていません。
バンカーも少数であり、小さめです。
池はありますがフェアウェイ、グリーンからは離れています。

Cコースと呼ばれている9ホールは最も短く、テクニックが重要です。
フェアウェイは広めですが、途中で角度が変わることがあります。

障害物の数はやや多めです。
バンカーの数は平均的ですが、大きめとなっています。
池が多めにあり、最も注意しなければいけない障害物です。

グリーンの近くに池がある5番、7番、ティーグラウンドの近くに池がある6番ホールは、池に落とす可能性が高めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ