川越カントリークラブはプロトーナメント開催実績が豊富なゴルフ場

埼玉県東松山市で1963年より営業を行っているゴルフ場が川越カントリークラブです。
数々のプロトーナメントの舞台になりました。
1985年の日経カップ中村寅吉メモリアルでは尾崎直道プロが優勝、またこのクラブ所属のプロも、有名人が多く樋口久子氏、川田時志春氏、須貝昇氏と大きな大会で優勝経験のある人物が多いのも特徴です。

埼玉県を代表するゴルフ場の一つで、1970年に増設工事が完了して以降、3コース、計27ホール体制で営業を行っています。
敷地内に多く咲く桜が景観面での名物です。

中村寅吉氏、発知朗氏、大竹敏郎氏が設計を担当しました。
丘陵コースと林間コースの特徴を合わせ持っており、高低差と傾斜は残っています。

木々が多く、OBを出す可能性は少なめです。
中コースの9ホールは最も長く、メイングリーンとサブグリーンのデメリットを小さくする作りとなっています。

各グリーンに向かってフェアウェイが分かれるので、1グリーンと似た感覚でプレーが可能です。
大きめの池を配置しており、4番、8番ホールは巨大な池を越えてスタートします。

他に西コースと呼ばれているフェアウェイがやや狭く、高いコントロール技術が必要なホールもあります。
障害物の池、バンカー共に多めとなっており、バンカーの数が多い2番、池越えスタートでありバンカーも大きめの6番ホールが特に難所でしょう。

東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いものの、曲がりくねったレイアウトが多めとなっています。
池は少なく、一か所にしかありません。

一方でバンカーは小さめですが多く配置されています。
フェアウェイからバンカーが登場する1番、4番、9番ホールは特に注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ