1928年より営業を行っており、二つの18ホールを持つ川奈ホテルゴルフコース

静岡県伊東市で1928年より営業を行っているゴルフ場が、川奈ホテルゴルフコースです。
川奈ホテルの施設としてゴルフ場があり、大島コースと富士コースの二つの18ホールがあります。
1928年に作られたのは大島コースで、大谷光明氏が18ホールの設計を担当しました。

ホワイトティーからの距離は5711ヤードであり、距離はあまりありません。
海沿いに位置しており、海からの風を感じながらプレーすることが可能です。

高低差は色濃く残っており、谷越えが多めとなっています。
障害物を多く配置して難易度を上げているタイプではありません。

池、バンカー共に少なめです。
高低差や傾斜に風といった自然の障害をどう乗り越えるかがポイントです。

大島コースは乗用カートを使ったセルフプレー限定で営業されています。
1936年に作られた富士コースは、18ホールはC・H・アリソン氏が設計を担当しました。

グリーンから最も遠い、ブルーティーからの距離は6701ヤードです。
毎年プロトーナメントが開催されている、日本でも知名度の高いゴルフ場となっています。

東洋一難しいとの声もある程です。
木々が多く残っているものの、完全には仕切られていないのでOBが出やすくなっています。
打ち上げの16番、17番、18番ホールは特に難度が高めです。

富士コースは、ゴルフ場単独での利用は出来ません。
川奈ホテルに宿泊することがプレーの為の条件となっています。

メンバーでないと利用出来ないということはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ