船戸山ゴルフクラブは18ホールの距離が短めのゴルフ場

船戸山ゴルフクラブは1974年より和歌山県岩出市で営業を行っているゴルフ場です。
ゴルフ場の名前にもなっている通り、船戸山に位置しています。
景観面での見所は、船戸山から見下ろすことが出来る、清流の紀の川です。
バックティーからの距離は4029ヤードと、他のゴルフ場と比べるとかなり短いのが特徴となっています。

山岳地帯に位置しており、自然を活かした作りです。
その為、打ち上げ、打ち下ろしに傾斜と自然の障害物が豊富に残っています。

木々も多めに残っており、ほぼ全てのホールが仕切られているのが特徴です。
フェアウェイは概ね広めとなっていますが、13番ホールはパー5のロングホールでありながら、フェアウェイが存在していません。

一面ラフの中を打っていく異色の作りで、谷越えが多く配置されているのも特徴です。
途中で角度が変わるドッグレッグも多めですので、パー5のホールでもコントロール技術が求められます。

4番ホールはフェアウェイが比較的広く、真っ直ぐなので飛ばすには打ってつけでしょう。
障害物の数は少なめとなっており、特にバンカーは数があまりありません。

一部には巨大なバンカーも配置されていますが、砂に捕まることは少なめです。
定番の障害物である池も少なめで、コース内に池は一か所だけとなっています。

しかし2番ホールにある池は最も注意しないといけません。
池の面積が非常に大きく、且つ池越えスタートなので失敗すると打数が嵩んでしまうでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ