ブラインド、ドッグレッグが少ない大石田ゴルフクラブ

1995年、山形県北村山郡大石田町に開場したゴルフ場が大石田ゴルフクラブです。
「OISHIDA GOLF CLUB」と英語表記されることもあります。
自然が多く残っており、木々や花に囲まれた中でプレーすることが可能です。
18ホールをバックティーから打った場合の距離は7045ヤードと長距離コースになります。

丘陵地帯に作られていますが、高低差は少なめですので、苦手な方が多い打ち上げはあまりありません。
木々は各ホールを仕切っており、他の組の状態が気になることもあまりないでしょう。

フェアウェイは広めに作られているものの、ラフも多いので一度フェアウェイから外れるとスコアが崩れやすくなっています。

ほぼ全てのホールがティーグラウンドからグリーンまで真っ直ぐなのがこのコースの大きな特徴で、途中で大きく角度が変わるドッグレッグ、ティーグラウンドからグリーンが見えないブラインドを極力排除して作られています。

障害物の数は平均的で、バンカーは8番、11番、18番ホールで大きめのものが配置されているものの、数はさほどありません。

池はやや多めとなっており、池越えスタートの13番、フェアウェイ横に池がある7番、9番、18番ホールはプレーヤーにプレッシャーがかかります。

障害物を避けてボールをカップまで運ぶ、基本に忠実なコースなので、実力がそのままスコアに反映されることが多いでしょう。
利用料金は安めに設定されていて、土日祝であってもセルフプレーなら1万円以内で利用可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ